指揮者Seikyo.Kimかっこいい。

 ほんとに久しぶりに県立音楽堂に行きました。(正しくはお誘い頂いた訳ですが)
外観はすでに古色騒然と化していますが、内部の舞台と客席部分はは昔のままの「木のコンサートホール」そのもの。「ロマンの響き」シリーズと銘打った、指揮者のキム・セイキョーさんを迎えたカナフィルのコンサートは、今日がシリーズの最終日でした。
 聖饗(セイキョー)さんは、1970年生まれの若きマエストロとして、若い女性に非常に人気が高いとか、なるほど長身でイケメン、そしてエネルギッシュな指揮台でのパフォーマンスは、なるほどと見とれてしまいました。
 演奏は弦楽器主体の構成で、一曲目のメンデルスゾーン「ルイ・ブラス」では、木のホールならではの、素晴らしい弦の響きを頭の奥で聴く事が出来ました。
e0151340_2152588.jpg
e0151340_7525394.jpg
※公共建築百選選定委員会が1998年に選定。旧・建設省の設立50周年を記念し、地域社会への貢献度が高く、地域に根ざし優れた公共建築を選定した。
※神奈川フィルの活動支援のために、多くの方の署名と応援メッセージをお願いしています。
E-mail ouen@kanaphil.com

by citystone | 2010-07-24 21:56