ドラコニア・ワールドへようこそ。

 サド公爵のお城に行ったときのこと、廃墟にはフワーと風が吹きすぎ、草花が咲き乱れ、本当に綺麗なところでした。彼は夢中でその草花を摘んでいました。たくさん摘んで持ち帰り、ドライフラワーになって二、三年は応接間に飾られていましたが、カサカサになって崩れてしまいました。(澁澤龍子著より抜粋)
 私は、特別に澁澤ファンという訳ではありまあせんが、若い頃から「快楽主義の哲学」などというカッコいいタイトルに惹かれたり、「フランス怪談」、「ドラコニア奇譚集」を積ん読したりしていました。
 この「ドラコニア・ワールド」という随筆は、夫人の龍子さんの著で、沢渡朔さんが撮影を担当されて、見事な「ドラコニア・ワールド」が再現されています。
e0151340_1695180.jpg

by citystone | 2010-08-10 16:12 | BOOKS