最も有害な薬物はアルコール。(英研究機関)

 英政府の薬物に関する独立科学委員会(ISCD)は1日、英医学専門誌「ランセット(The Lancet)」に、社会的な影響も考慮すればアルコールはヘロインやクラック・コカインなどの違法薬物よりも危険だとする研究結果を発表した。
 これによると人体への有害性はヘロイン、クラック・コカイン、(結晶)メタンフェタミンが最も高かった。だが、医療制度や刑務所制度に及ぼす影響など、広範な社会的影響を考慮した場合、アルコールが最も危険で、ヘロインやクラック・コカインがあとに続いた。100を最高とした危険度は、アルコールが72で、ヘロインが55、クラック・コカインが54だった。
e0151340_11102650.jpg
 ISCDは、今回の研究で、現行の薬物分類制度は実際の有害性をあまり正しく反映していないことが示されたとしている。(c)AFP
 ちなみに私は、10月にタバコが値上げになって多くの方々が禁煙に踏み切ったようですが、私はタバコは吸いませんので、アルコールを断つことにしました。まだ1ヶ月と少しですが、別に禁断症状も無く当分は継続が出来そうです。
※画像は英国の酒屋の店頭に並ぶ、様々なアルコール類。
by citystone | 2010-11-11 11:18 | 健康