「養殖技術革新」で牛丼が値下げになる?

 海は広いな、大きいな♪♪ ご存知の通りに日本は周りを全部海で囲まれている海洋大国です。東京海洋大学では、マグロより成長の早いサバにクロマグロを生ませる「代理親魚養殖」の研究開発が進んでいます。ヤマメにニジマスを生ませる研究から始まり、サバの体内にマグロの精子や卵の源となる細胞が根付くところまでこぎつけました。
e0151340_21422292.jpg
 クロマグロがサバの腹から生まれて、巨大なクロマグロに成長するという研究者の夢が、間もなく本当に実現するかもしれません。このように魚類の研究が進めば、クロマグロの畜養も盛んになり、クジラを食べなくても良い日本人として、オーストラリアの人にいじめられる事にならないし、南極まで出かけて行く経費をオージービーフ輸入に回せば、牛丼屋さんの値下げにも貢献する事になるかもしれませんね。
by citystone | 2011-02-19 21:44 | 自然界