震度M8.3が襲うのは?

 最近の調査に依れば、東京都庁舎は高層ビルならではの振幅のある揺れに襲われると、倒壊はしないものの、内部構造や設備に致命的な破壊が出て、機能を失うという診断がなされたようです。しかし、20年前(1991年)の構造計算時になぜその欠陥が指摘されなかったのか理解できませんね。
e0151340_22462960.jpg
 ところで、東京と同じ時期に建造されたロンドン市庁舎はその不安はないのでしょうか?と思っていたら、イギリスは地震が無い国らしいです。またニューヨークでもこの古い(1913年)市庁舎が存在している事は、やはり地震のない地域(東海岸)だからでしょう。たまたま、海外での地震災害に襲われた不運な日本人の方々の死を無駄にしないように、さらなる防災の意識を行政はもとより、個人としても日常から心して行こうと思います。
※しかし、東京に出かける時は運を天に任せるしかありませんね。