メガネを失ってしまったら。

 被災地の避難所ににメガネ屋さんはないですよね?目の悪い方(視力の弱い方)は日常にメガネやコンタクトを使っていらっしゃる訳ですが、緊急の際にメガネを失しなったり割れてしまったりしていませんか?コンタクトレンズを日常に使っていらっしゃる方も、手を洗えなかったり、レンズを洗浄したりできなくなっていませんか?メガネやコンタクトが無いと日常の生活にに困ります。
e0151340_22242944.jpg
 これはメガネ屋さんへの提案ですが、、マイクロバスなどを使って巡回サービスを企画されては如何でしょうか?もっともご商売上手の眼鏡屋さんなどは、とっくにサービス展開されているかも知れませんね。それは目の悪い方々には、すごく助かるありがたい支援だと思います。なにしろメガネがないと何も良く見えないし恐ろしくて移動も出来ませんからね。ある意味で、食料や水と同程度の生きて行くための大切な救援物資なのではないでしょうか。災害必需品としての日常の備えにもなるような携行品としての開発も必要かもしれませんね。

※レ・メエル秋田有限会社 〒013-0063秋田県横手市婦気大堤字田久保下208-1
 TEL.0182-35-5550
レ・メエル秋田有限会社は、全国から不要になったメガネを送って頂き、調整をして被災地にお届けしていらっしゃいます。ほんとうに、ありがとうございます。
by citystone | 2011-03-31 22:26 | internet