復興に向けて:東日本大震災 建築家・隈研吾さん

 今回被災した漁業者について、民主党政権は「高台の復興住宅から海岸の漁港に通ってもらう」との構想を持っています。これは日本の伝統と文化を無視した考えです。自動車工場に通うためのアメリカの郊外住宅のようなもので、賛成できません。かつて日本の農漁村などでは職住が同一で、地域の絆がありました。
e0151340_1255917.jpg
 今回の震災による住宅の復興で、こうした過ちを繰り返してはいけません。住民同士の絆を第一に考え、住民の間に垣根を築かない方策を探さなければなりません。
 戦後の日本人は自然の厳しさを忘れていた。だからこそ、災害にもろい住宅を私有することに価値を見いだしていたのではないでしょうか。建築はつくる人、住む人自身を映す鏡でもあります。関東大震災後に建てられた東京の同潤会アパートは住民のための仕事場も設けられ、コミュニティーが維持されました。どのような住宅を再建するか。日本人が試されています。(談)

※隈 研吾(Kengo Kuma)1997年に「登米町伝統芸能館」の設計で日本建築学会作品賞を受賞。2001年に「那珂川町馬頭広重美術館」の設計で村野藤吾賞を受賞。2009年フランス芸術文化勲章オフィシエ受賞。2010年、根津美術館の設計で毎日芸術賞を受賞。2011年、梼原・木橋ミュージアムの設計で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。