これからの時代を担う二人のビッグアスリート。

 杉山愛と白石康次郎、お二人は、世界的にもビッグネーム(著名な)な日本人です。白石さんはセイラー(ヨットマン)として、世界の海を縦横にヨットで航海し、わずか26歳にしてシングルハンドの世界一周無寄港をなしとげるなど、国際的なヨットレースに常に参加する、世界に認められている日本のセイラーです。最近では、山岳冒険家の野口健さんなどと、様々な活動にも精力的に参加して発言をしています。杉山愛さんは、テニスの四大大会に連続62回連続出場というギネスブックに登録される快挙を残され。昨年現役を引退されましたが、最近の活動では、中学・高校の才能がある女子テニスプレーヤーの育成に携わり、次代の世界を狙える女子テニスプレイヤーを担う若手の発掘を目指して指導しています。
e0151340_1232061.jpg
 お二人は、テニスと海というカテゴリーの違う立場で活躍をするアスリートではありますが、何よりも国際的にどちらの世界にも認められているという、二人に共通するアイデンティティがあります。さらに言葉のボーダーをクリアしてしまうコミニュケーション能力に長けています。
 このような人材が、もし日本のリーダーとして国民大多数が賛同し、国民投票をして国の総裁として擁立するような時代が、まもなく来るように期待しています。
by citystone | 2011-06-05 12:34 | internet