自然界は赤信号を変えません。

 自然を観察しようと考えてみても、現代のように都市化が進んでいて。直ぐに自然を見るには、山に行く、海を見に出かけて行くというという事になります。しかし、山に行けば、観光客に溢れ、人を見に行く事になりかねません。海などはもっと人々で溢れていますね。
e0151340_13291894.jpg
 人々は、常に美しい山や海の自然の様を見る事で、癒しや元気をもらっています。しかし自然は、今回の震災のように無類で巨大な猛威を振るいます。そして、収まると何事も無かったように美しい様を見せつけます。破壊されるのは、多数の人々や動植物、人為的な造作物だけです。もちろん自然自体も崩壊しますが、それが正に其処に合った如くに素早く回復してしまいます。それが人為的な造形物ではないからでしょうか。山であれば少しは低くなったり山容が変わります、海であれば海岸線が変わる事はありますが、町が全てなくなるような惨事は自然界にはありませんね。
 政府は取って付けたように自然エネルギー回帰を、突然言い出しました。しかし、自然エネルギー政策を実施するにせよ、何らかの設備と施設が必要です。唐突に自然のエネルギーを活用するからと言っても、自然界はそれを理由には優しくしてはくれないでしょう。日本という地球上の間借りをしている位置が、移動しないことには。我々日本は、立ち止まって信号が変わるのを待っている訳には行かないでしょう。