スピリチュアル・フィットネスを強く感じました。

e0151340_11403977.jpg
 今年も、昨年に引き続いての猛烈な酷暑にさらされて。「三渓園の蓮の花」観察は不可能かなと思っていましたが、猛烈な雨に続いて冷気が南下して、このところ二、三日は涼しいというよりは肌寒い感じさえしています。そこで「三渓園の蓮の花」観察を、昨日の陶芸の帰路に行ってきました。
 99%は葉の緑に覆われていましたが、所々に開花直前の蕾もまじり、それが花托(花の落ちた状態)と併立した状況で、スピリチュアル・フィットネスを強く感じさせてくれました。
 その自然な現在進行形と、来年に向けての植物の植生意欲は、我々人類の1回だけの人生と比べると、次元の異なったパワーを感じさせますね。そのうちに千葉県にある「大賀蓮」を観察に行きたいと思いました。

※大賀蓮は、1951年(昭和26年)、千葉県千葉市検見川にある東京大学検見川厚生農場の落合遺跡で発掘された、今から2000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花した古代ハスのこと。
by citystone | 2011-08-23 11:43 | 自然界