「或る田舎町の魅力」埼玉県児玉町

e0151340_14145457.jpg
 ようやく日本の国会では、与党である民主党の代表が決まるらしいが、どうやら興味をもって対応しているのは、マスメディアの連中と政治家連中がさわいでいるだけらしい。
 戦後の日本の初代首相を務め、もっとも日本人らしい政治家として君臨していた吉田茂氏の息子、吉田健一(英文学者)さんの「日本に就いて」というエッセイを読んでいて、興味を覚えた短編を元にした小さな旅に出掛けてみようかと思っています。
 「或る田舎町の魅力」と題されたこの一編は、吉田健一が埼玉県の児玉という町に、講演を依頼されて出掛けた時の印象記であるが、この中に出てくる町の印象や建物の記述等から戦前の記憶(らしきもの)や塙保巳一記念館、金鑽神社などが次々と出てくると、これは秋になったら一度訪ねてみたい所だと、めずらしく思ってしまいました。
by citystone | 2011-08-28 14:16 | memory