日本経済の致命的患部が露出されたように感じました。

e0151340_7543499.jpg
 1号機の爆発があった時、どういう状況かが本部では分からなかった。現場からけがをした人が帰ってくる中、格納容器が爆発していれば、大量の放射能が出てコントロール不能になる(と思った)。3号機も爆発し、2号機の原子炉にもなかなか注水できず、先が見えない。最悪の場合、メルトダウンもどんどん進んでコントロール不能になるという状態で「これで終わりかな」と感じた。福島原発で現場指揮に事故当初から指揮にあたっている吉田所長は、このような恐怖体験を語りました。
 昨日に事故後8ヶ月経過した時点で、ようやく原発事故の現場がマスコミに公開されました。敷地内の放射線量が依然として高く、バス内からの情報収集にすぎませんでしたが、事故現場の悲惨な現状が映像で公開されましたので、我々は改めて原発事故の恐怖を再認識されたと思います。これだけの大規模な事故の収束には、確かに長期間の対応が避けられない事など、日本経済の将来に大きな不安を残しました。