いよいよ3年目の「坂の上の雲」開演します。

e0151340_1335312.jpg
 今年で3年目を迎えるスペシャルドラマ『坂の上の雲』は激闘完結編です。「二〇三高地」や「日本海海戦」のシーンなど、いよいよクライマックスを迎えます。12月4日(日)〜25日(日)までの4週連続(全10回)で、3年に渉る壮大で印象深いスペシャルドラマも完結します。また、年末だけの放映という特殊な手法で、視聴者の心をとらえ続けたドラマの完成度の高さと、原作者の司馬遼太郎さんの描いた人の絆の確かさが相まって、まさにスペシャルで壮大な日本の開花期が描かれていたと思います。
 そして、第3部の主題歌「Stand Alone」は、久石譲の娘さんの麻衣(まい)が歌いあげます。絶対音感を持つ彼女は、音楽家である父を持ち幼少時から音楽活動を続けてきました。4歳の時には、映画『風の谷のナウシカ』の中で、ナウシカの幼少時の回想シーンで流れる「ラン ラン ララ~」のメロディを歌い、人々に大きな印象を残しています。第一部をサラ・ブライトマン、第二部は森 麻季さん、そして第三部が麻衣(まい)さんです。この感動的なな主題歌を、それぞれが個性的な歌い手がリレーして歌うテーマ曲を聞く楽しみも、この「坂の上の雲」というドラマを盛り上げている大きな要因ですね。