春は名のみの風の寒さや〜「横浜・三渓園」

e0151340_13351578.jpg
 国の名勝指定を得ている「横浜三渓園」の、内苑に移築されている「聴秋閣」(重文)などは、昨年の大震災と台風の直撃の影響を受け、様々な損害や破損により修復が試みられていましたが、ようやく年開けに被覆が外されて、屋根の檜皮葺きなどが見事に修復されました。昨年の災害からの建造物の修復は進みましたが、今冬の厳しさは、日本各地と同様ですね。開花の極端に遅れている「梅」や、珍しく氷の張ってしまった池などが、春の遠いのを物語っていました。