カテゴリ:flower( 7 )

e0151340_1855087.jpg
お待たせしました〜。
e0151340_1856770.jpg
紅梅はまだで〜す。
e0151340_18564040.jpg
カルガモ・カップルすぃ〜すぃ〜。
by citystone | 2012-02-10 18:57 | flower
e0151340_20584373.jpg
 あと一週間で立春になるのに、今週はしみる(凍る)寒さが続いています。横浜三渓園の空は抜けるような青空で陽光燦々なのですが、寒いです。こんなに寒いのに季節に合わせて咲いてくれる、律義者の蝋梅と水仙は何と健気な花なのでしょうか。
 替わらないという花の一生は、もはや人の人生には失われてしまった、哲学のような気がしてしまいます。
by citystone | 2012-01-27 20:59 | flower
e0151340_16352216.jpg
 松岡正剛「藤原定家」の解釈
能の『定家』には定家が登場していない。それなのに、この曲では定家のイメージが能舞台に響きわたっている。『定家』は、定家の恋情に懊悩する式子内親王の亡霊の物語なのである。中世の芸能者たちは式子内親王を定家の恋人と見て、この曲をつくった。たしかに定家と式子内親王は出会っている。定家20歳のとき、父の俊成に連れられて式子内親王の御所を訪れた。俊成は親王に敷島の道を教えていたとおもわれる。このとき親王は定家よりも10歳ほど年上だった。これをきっかけに、はたして定家が親王を見染めたかどうかはわからない。親王と定家の歌にはいくばくもの共感がひそんでいることから推して、むしろ二人は「歌の恋」をこそ微かにたのしんだのだろう。歌こそ恋であるという、そういう時代でもあった。
それにしても、能の一曲に定家がいなくて定家の一曲であるとは、これはいかにも定家らしい話であるとぼくには思われる。そこにいてそこにいない定家、そこにいなくてそこにいる定家――。定家にはそういうところがある。

※写真の「あじさい」と定家の話は関係がありません。
by citystone | 2011-06-19 16:40 | flower
 絢爛たるツツジの季節がやってきました。ツツジは日本の花の中では派手で活気の溢れる様子が、好みの分かれるところですが、私は元気をもらえるので、好きな花の一つです。
e0151340_13113928.jpg
 この時期は、花と葉の部分がちょうど半々なので、カラーの対比が緑と赤などの反対色になるので、より絢爛な配色になります。たとえるなら、武者絵とか大漁旗などの景気の良い元気な色彩と同じになりますね。そういえば、仙台の七夕も開催の予定とか、元気の出る覇気のある日本に戻ってきていますね。
by citystone | 2011-04-23 13:14 | flower
 ことしの桜は、例年より大幅に遅れて四月に入ってから、やっと横浜各地で咲き始めました。山下公園のしだれ桜は、海から吹き付ける冷たい風にも負けずに、すばらしい美しさを振りまいています。そんなある日の午後に可愛い子猫のグループが花見にやってきました。
e0151340_8304125.jpg
 子猫たちの作家は、やまぐちせつよさん(通称セッピー)です。手づくりの陶製で、アクセサリーとして、また、卓上のインテリア・グッツとして人気です。商品は、銀座プランタンなどで発売されています。今春からは拠点を福岡に移されるとのことで、さらに新しいグッズなども期待されますね。
 なお、猫の専門誌「nekomon(ねこもん)」にも作品が多く掲載されていますので、本屋さんの店頭にて(発売中)ご確認とご購入ができますよ。
by citystone | 2011-04-05 08:36 | flower
e0151340_23225443.jpg
 毎年タイミングを外して撮れなかった「緑顎梅」を、今年はようやく撮れました。よ〜く観察しないと、白梅とあまり変わらないのですが?顎の部分が緑がかっています。三渓園によると、中国から送られたという事ですが、臥竜梅のように形態的な特徴がないので、花樹としての魅力は感じません。
 樹齢を重ねて幹が安定した樹体になれば、それなりの風格(樹格?)になると思いますが、それには十数年以上かかるかも知れません。
 緑顎梅だけだと淋しいので、大池のキンクロハジロと鯉にもサポートしてもらいました。
by citystone | 2011-02-07 23:24 | flower
 雀に食べられた赤ちゃん苗の鶏頭が、こんなに満開になりました。クローズアップして見ると房タイプではなくて鶏頭タイプのように見えます。
e0151340_1330401.jpg
 花の中心部には、胞子のようなつぶつぶが沢山あって食虫植物みたいです。これからもっともっと花の部分が成長すると、鶏頭(トサカ)らしく見えて来るのが楽しみ。
(学名:Celosia argentea)学名は燃焼という意味のギリシャ語に由来。鶏頭の花が燃え盛る炎を彷彿とさせるのが根拠と思われます。
 今年は頂いた苗から育てたので、来年は直播きで5〜6輪を咲かせて見ようかと思っています。手間がかからないのが何と言っても楽ですね。
by citystone | 2010-09-19 13:36 | flower