カテゴリ:健康( 11 )

e0151340_11433632.jpg
 恐ろしい自然災害が、荒れまくった2011年がまもなく終幕します。しかし、夏も秋も異常気象が続き、冬の天候も厳冬が予報されています。このような厳しい自然には、こちらも諸々と備えをしなければなりません。そんな訳で、とりあえづ足下の備えから始める事にしました。滑る・転倒・骨折、そんな危険を回避するグッズは、丈夫なシューズが一番だと思いませんか?
 ネットショッピングサイト/AMAZONで、トレッキンングシューズを検索して、日本人の足に合うサイズ(3E)を表示してあった、このCOLMAN 010を見つけました。寒さを防ぐくるぶしまでの高さや、滑らない靴裏のパターンがとても気に入りました。足を入れてホールド感を確認して安心しました。これで、少し多めに歩いても当分大丈夫でしょう。
 フットケアと口腔ケアを中心とした「シニア塾」もまだまだ1ヶ月以上あります。休まずに全部の講座を完了して、介護予防予備軍を退役したいと考えています。
by citystone | 2011-12-15 11:45 | 健康
e0151340_19221657.jpg
 私は今月の初めから、横浜市の「介護予防シニア塾」に通っていますが、このタイトルのような典型的な事故などを予防するメニューが含まれています。つい自分も何の気なしに片足立ちでズボンや靴下を履こうとして、オットットという体験を何回かしてしまいます。こような著名な方が事故にあうとニュースになってしまいますが、高齢者が同じような事故を起こさないためにも、事故の詳細報道は不可欠ですね。永六輔さん(78)は、けがをした経緯について、「居間でズボンをはこうと片足立ちをしたとき、バランスを崩して転び、机にぶつかった」と説明されたとか。
 同じような大腿部故障でも、久保投手(巨人)は慢性的な職業病でしょう。巨人の久保裕也投手が21日、慢性的に痛めていた右股関節の関節修復手術を、北九州市内の病院で受けました。今年の後半から抑えに定着した今季は67試合で4勝2敗20セーブ、防御率は1・17の好成績を挙げています。また、今年の日本シリーズを制したSB・ホークスの森福投手も小柄で細身の体で、見事なピッチングを披露してくれました。小柄で日本人らしい投手の活躍は小気味の良いものですが、体のケアも十分にしてがんばって欲しいですね。
by citystone | 2011-11-22 19:24 | 健康
e0151340_9372224.jpg
 日曜日の反町公園は、珍しく霧がかかっていました。もっとも朝から雨模様で気温も高かったので、霧が出たのかもしれません。また隣町の名前が霧畑(きりばたけ)なので、元々きりのかかる地区?だったのかなとも、思いました。
 そんな反町公園の中央部にあるケヤキの木が色づいていました。霧がかかっているのでオレンジ色がぼやけて少しソフトなピンク色に見えていたようです。今週の中頃から気温が下がる傾向らしいので、まもなく木々がそれぞれの紅葉に染まって行くでしょう。
 私は、先週の水曜日から「介護予防の講座・シニア塾」に参加しています。口腔ケア、栄養と食事等が中心です。やはり口から物を食べられるという事が健康への基本なのでしょうか、全10回なので休まないで(さぼらないで)しっかり受講しようと思っています。
by citystone | 2011-11-07 09:38 | 健康
e0151340_17114235.jpg
 陶芸センターの友人OMさんに、カロリーの取り過ぎと言われていますが、朝の習慣は変えられません。バナナは、いつも近くの食品スーパーで週に2回は、このシールを目印に購入しています。4本入って198円(一日1本)。ビヒダスヨーグルト(一日⅓)はイチローさんも広告の顔になっていることもあって、バナナとセットで買物かごに入れています。
 午前中にお腹が空いたら、チーズトーストを一枚食べます。お昼ご飯はいつも一時半から2時位に、パスタ(80g)かご飯を軽く一膳です。夕食は、たいがい8時半から9時に良く噛んで食べるようにしています。あと牛乳(低脂肪)とほうじ茶を一日2リットル位飲んでいます。※ちなみに今晩のおかずは、舞茸とアスパラのベーコン炒めです。
by citystone | 2011-10-06 17:12 | 健康
e0151340_12565763.jpg
 イヤーフォーンなどを使うのは、若者が多いと思いますが、私の場合はイヤークリップを使うのが嫌で(耳が痛い)家中で使うには、ヘッドフォンが丁度いいと思っています。パソコンを使って仕事などをしている時などには、モニターの音源は切っていますが、目が疲れてくるとヘッドフォンで音楽などを聞いています。普段に聞いているラジオやテレビでの音が段々とクリアーに聞こえなくなりつつあるようなので、つい音を大きくしてしまうのですが、このヘッドフォンを使うとドルビーサウンドなどもよりクリアーになるので、気分良く過ごすことができます。
 もちろんTVのクラシック観賞などでも、音が素晴らしいので使っていますよ。サー・ノリントン(指揮者)のノンビブラート奏法(弦楽器)なども聴きくらべるのも楽しみの一つです。
by citystone | 2011-08-14 12:59 | 健康
 巷間では、節電対策がさまざまな意向でとりざたがされていますね、私もとりあえずこんな形で臨んでみようかと試してみました。ベランダ側の窓枠に麻布風なロールカーテンを取り付けて、さらにレースのカーテンを引いて措けば、部屋が暗くならずに直射日光をさけられるのではと思い、取り付けてみました。
e0151340_13175156.jpg
 昨年までは、ベランダに差し込む陽光が夏場はかなり厳しく、常に黒い遮光カーテンを引いて措かないと暑さを遮る事が困難で、さらにエアコンも必須条件でした。この対策で、窓を少し開けて風を通してやれば、日中の炎暑もしのげるかもしれません。
 さらに今年は蚊取り線香を取り入れるので、入り口のドアも開けて風通しを図ります。そんな訳で、ただいま香取線香を入れるブタではなくてカッパを製作中です。
by citystone | 2011-05-24 14:35 | 健康
「笑い療法士」と呼ばれる人たちがいる。笑いによって病気の人の自己治癒力を高めたり、病気の予防を手助けするボランティアだ。 その認定者の発表会が今年2月20日東京都内で開かれ、7期生72人が新たに「笑い療法士」として認められ、05年10月に1期生49人が誕生して以来、これで総勢520人になりました。
e0151340_19481429.jpg
「笑い療法士」の手法。まず、自分自身が「1日5回笑い、1日5回感動する」よう努力する。相手に「安心・安全」「一緒にいると楽しい人」と感じてもらうことから始めて、人々の自然な笑いや生きる力を引き出す。時にはジョークやユーモアも交える。そのためには、個々の患者さんやタイミングに合わせて言葉や行動を選ぶ必要があり、広い知識と同時に話術も非常に重要になる。
「笑い療法士」は、医師、看護師、介護職員から一般市民、難病患者までの多数の応募者から研究会が書類選考する。その候補者を対象に、脳外科医で落語家の中島英雄氏、高柳代表世話人らによる2日間の講習があり、フォローアップ研修を通じて、笑いの本質や効果、話し方などを学んで、評価された人が初めて認定される。
日本の医療職は多忙だが、「笑い療法士」になると患者さんに親身になり、仕事への充実感を味わうことが多くなるという。
どなたか希望される方、あるいは推薦される方は「癒しの環境研究会」 (高柳和江代表世話人)まで。
http://www.jshe.gr.jp/
※猫の画像、YouTube「福笑い」より
by citystone | 2011-02-28 19:50 | 健康
 医療へのナノロボットの研究は、驚くほど進化をしています。最近の研究機関からの情報に依れば、すでに大学の研究室レベルから進化して、臨床医療レベルに到達も近いのではと思われます。もちろん、ナノテクノロジーと生物学のつながりは今でもネックとなっています。その二つを結びつけたナノバイオテクノロジーという分野ができてきたのもつい最近のことです。いずれにせよ、もはやナノテクノロジー及びナノサイエンスは、物理学者や化学者だけのものではなくて、非常に幅広い学問分野を包み込んだ分野なのですが、研究機関の融合した研鑽により早い実現を目指して欲しいものです。(医療ナノロボ・イメージ図)
e0151340_116179.jpg
 それに伴い、日本の医療の進化と信頼は海外でも評価は高く、日本での治療・施術の希望をする富裕層の外国人患者は、国内の医療機関にも思わぬ展開をもたらしているようです。(外務省では医療滞在ビザを2011年1月発行しています。)
 日本人の丁寧で誠実な対応は、国内外を問わず医療現場では、これからも変わらない対応を望みたいですね。また、やや停滞気味の新興国からの看護士研修に伴う、介護や医療スタッフの就業なども今後は海外からの患者さんへの対応などを考えると、諸々に改革されて行くものとなるでしょう。
by citystone | 2011-02-22 10:42 | 健康
 毎週水曜日の午後8時から、NHK-1ch.でon airされる人気番組「ためしてガッテン」で、昨夜のタイトルは「お尻の悩みNo.1痔」で、誰にも相談出来ない痔の悩みを解決?してくれたでしょうか。
e0151340_10335329.jpg
 基本的には、痔という病は二足歩行のヒトだけの病でした。二足歩行のように見えるダチョウとかニワトリはどうなのかは、別の機会に研究するとして、ヒトの8割は痔の悩み?を抱えていることが、分かりました。同時に痔の構造を解析してくれたり、病院での手術の方法の進化で、注射で治る症状もあるようです。(タイトルの宿の後の文字は命でした)
by citystone | 2011-01-27 10:35 | 健康
 英政府の薬物に関する独立科学委員会(ISCD)は1日、英医学専門誌「ランセット(The Lancet)」に、社会的な影響も考慮すればアルコールはヘロインやクラック・コカインなどの違法薬物よりも危険だとする研究結果を発表した。
 これによると人体への有害性はヘロイン、クラック・コカイン、(結晶)メタンフェタミンが最も高かった。だが、医療制度や刑務所制度に及ぼす影響など、広範な社会的影響を考慮した場合、アルコールが最も危険で、ヘロインやクラック・コカインがあとに続いた。100を最高とした危険度は、アルコールが72で、ヘロインが55、クラック・コカインが54だった。
e0151340_11102650.jpg
 ISCDは、今回の研究で、現行の薬物分類制度は実際の有害性をあまり正しく反映していないことが示されたとしている。(c)AFP
 ちなみに私は、10月にタバコが値上げになって多くの方々が禁煙に踏み切ったようですが、私はタバコは吸いませんので、アルコールを断つことにしました。まだ1ヶ月と少しですが、別に禁断症状も無く当分は継続が出来そうです。
※画像は英国の酒屋の店頭に並ぶ、様々なアルコール類。
by citystone | 2010-11-11 11:18 | 健康