カテゴリ:internet( 29 )

e0151340_1381951.jpg
 報道に依りますと、野田首相は2日、英国と武器(装備品)の共同開発に踏み切る方針を固めました。昨年12月の「武器輸出三原則」緩和により初めて可能となった施策です。日本が高い技術力を誇る155ミリ榴弾砲の「自動装填装置」など4案件の共同開発を英国政府が打診している。野田首相は、キャメロン英首相が今年4月に訪日した際の首脳会談で正式合意したいとの意向を示しており、外務、防衛両省は共同開発に関する事前協議を加速の方針としている。
 初めての共同開発の相手国を英国にしたのは、ライセンス生産や技術移転での制約が少ないことだ。米国が兵器システムの技術移転に厳しい制約をかけるのとは対照的で、日本の防衛産業が最新技術を発揮できるメリットは大きい。英国は輸出管理が厳格で、武器が紛争当事国に移転される危険性も低いと判断。他方では、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)選定をめぐる英政府の熱意に報いる意味合いもある。キャメロン首相は、昨年に2度の野田首相との電話会談で欧州共同開発のユーロファイター導入を野田首相に求めたが、政府は昨年12月、米国が開発を主導したF35ライトニング2の導入を決めた。首相はその頃から共同開発の相手国として英国を本命視するようになったという。
 155ミリ榴弾砲の「自動装填装置」は日本の国産技術で、砲弾と火薬を一緒に収めたカートリッジを自動で砲身に詰められるのが特徴。装置を組み込んだ陸上自衛隊の「99式自走155ミリ榴弾砲」は発射間隔が短く戦闘能力も高い。これに対し、英軍の自走155ミリ榴弾砲「AS90」改良型は砲弾と火薬を別々に砲身に詰めるアナログシステムなのでで改善を迫られていた。
 この類の重火器は、すでに前世期の遺物かと思っていたら思わぬ所からオファーがあったようですが、戦闘ジオラマなどには重要なパーツではありますね。また、戦闘員の労力軽減には寄与するでしょうが、その程度の労力を惜しんで戦うというほどの体力が無い隊員では、先が知れていると言われてしまいそうです。なにはともあれライセンス料をもらえるならば、消費税率削減のためにも頂いてもらいましょう。
by citystone | 2012-03-04 13:13 | internet
e0151340_1733226.jpg
 これは、生きていくために必要な力、記憶力・判断力・生きることへの気力といった「生活機能の全般的な衰え」の進行によって、高齢者の日々の営み、すなわちその「生活の質」が知らず知らずのうちに低下してしまうことを指します。たとえば、高齢者が家の内外を問わずに転びやすくなったり、低栄養状態となったり、うつ状態や認知機能の低下が見られることなどが、老年症候群の具体的症状といわれます。これらは必ずしも病気によって起きるものではなく、むしろ身体と精神が弱ってくる過程で起きる症状です。一方で、人類の科学力指向は目覚ましく様々な分野での技術や理論は湯水の如く?果てしなく継続しています。
 NASAは5日、宇宙望遠鏡「ケプラー(Kepler)」が初めて、太陽系外のハビタブル・ゾーン(生命生存可能領域)で地球型の惑星を確認したと発表した。「ケプラー22b(Kepler-22b)」と名づけられたこの惑星は、ケプラー打ち上げから間もない2009年3月に、その光のゆらめきが確認されているが、NASAはこのほど、「ケプラー22b」が恒星の前を3回、横切ったことを確認。その存在が初めて確認された。「ケプラー22b」の公転周期は290日。地球からは600光年の距離にあり、大きさは地球の2.4倍で「巨大地球型惑星」に分類される。地表温度は約22度と見られるが、岩石惑星、ガス惑星、氷惑星のうち、どの分類に属するものかは不明。これまでに太陽系外のハビタブル・ゾーンで確認された地球型惑星のなかで、「ケプラー22b」は最も小さいという。だが、条件が全て揃っているからといって、ただちに「ケプラー22b」での生命の存在を意味するわけではない。惑星に生命が存在するため必要な水、適温、大気が保たれるには、恒星からの距離が適切でなければならない。
 人類は前述のように高齢化傾向にあり、石化燃料のように先の見える時代に入ってきています。NASAという名の膨大なカジノに何時まで投資を続ける事が出来るのでしょうか。人類移住計画という「ノアの箱船」は、果して人類が存在している間に出発が可能なのでしょうか? 記事・画像(c)AFP
by citystone | 2011-12-14 17:07 | internet
e0151340_1282892.jpg
 11月27日(日)に投票が行われた大阪の府と市の同時選挙で、大阪維新の会の擁立した二人が、圧倒的な得票で当選しました。また投票率としても、従前の投票率を大幅に上回る数字が示され、大阪の住民の関心の高さが「大阪都構想」への期待に込められていると思います。
 一都集中の日本の政治と経済が、大阪都の実現となれば、東京は政治の中枢となる都市構造が求められ、例えば米国のワシントンD.C.のような行政都市が構築され、大阪はニューヨークのような経済都市へと生まれ変わるかも知れませんね。この日本の二つの政治・経済の両輪が行政改革によってダイナミックに活動を開始すれば、現在の地球上の各地で拡大している紛争や経済不安が解消されて行くのではないでしょうか。
by citystone | 2011-11-29 12:09 | internet
e0151340_10544889.jpg
 三年前の大河ドラマ「篤姫」のヒロイン出演以来、久々にテレビドラマに登場する宮崎あおいさん。とりたててモデルさんのような美形では無いと思いますが、着物がとても映える演技派女優さんですね。また、日本女性らしさを最も感じさせる可愛らしいたおやかさも併せ持つ方だと思います。
 そんな彼女をヒロインとしてNHKは土曜ドラマ『蝶々さん』が、昨日11月19日(土)と26日(土)の2日間(前・後編)オンエアされます。NHKならではの豪華な配役と舞台装置があいまってドラマを盛り上げています。
今も世界各地で上演されているオペラの名作「蝶々夫人(マダムバタフライ)」。土曜ドラマスペシャル『蝶々さん~最後の武士の娘~』では、世界で最も有名な日本人ヒロインとも言える、蝶々さんの人生を、新たによみがえらせます。明治初頭という時代に、「武士の娘」としての誇りを手放すことなく、人生を生きたひとりの女性・蝶々さん。新しい世の中を知ることの大切さを親から教わり、新世界・アメリカに夢を抱き、そして恋を知った蝶々さんの殉じた道とは・・・。昭和11年のオペラ「蝶々夫人」舞台の再現や、維新の長崎の色鮮やかな風情などを積極的に取り入れた壮大な歴史抒情詩のドラマが展開されます。※日本人ってホントに歴史ドラマ好きですよね。
by citystone | 2011-11-20 10:56 | internet
e0151340_14292146.jpg
 写真を撮った数分後、もしくは数週間後、さらには数年後でも、好きなところにピントを合わせられるという、写真の常識をくつがえすカメラが2012年に発売される予定とか。コンパクトカメラにもデジタル一眼にも見えないこのカメラの名前は「Lytro(ライトロ)」。カメラというより万華鏡のような鮮やかな色のボディーには、「ピント合わせは後から」という未来的なコンセプトにふさわしい複雑な技術が詰め込まれているようだ。
 画像の左はラシュモア山の大統領に、右の画像はサングラスの女性に、それぞれピントが合っています。このようにタッチセンサー?でピントの位置を任意に変えられるメカニズムを備えているようです。つまり画面に映ってさえいれば遠方の人が、誰だか判ってしまうのかも?
 本体の大きさは41×41×112ミリ。価格は、350枚の写真が保存できる8GBモデルが399ドル(約3万500円)、750枚の16GBモデルが499ドル(約3万8000円)
※ ITmedia news
by citystone | 2011-10-26 14:42 | internet
e0151340_10551321.jpg
 既存の世界地図の欠点を補い、陸地の面積比と形状をほぼ正確に表記し、かつ海を分割することなく矩形の平面に収めた世界地図が発表されました。
 地球の表面積を96等分し、それらの面積比を保ちながら正四面体に変換して作成する。正四面体を展開させた地図はかぎりなくシームレスにつなぐことができ、地図上のどのポイントからも三角形、平行四辺形、長方形等の世界地図を切り取ることができる。地図の名称はauthalic(面積が等しい)とgraph(図)に由来。
 1820年まで南極は発見されず、人類が北極点に到達したのは1909年のことだ。また20世紀においては、世界は東西対立といった構図で把握されがちであり、ここでは人間が主に活動する陸地に関心が偏っていた。20世紀後半になって、環境への関心が高まり、また利権が絡む極地や海への関心が広がっていた。温暖化の鍵となる北極の海氷、海洋資源に絡む領海問題、南極のオゾンホール、ツバルを水没させる大きな要因となるグリーンランドの氷河などである。また赤道の海を移動するエルニーニョが、世界の異常気象の原因となり陸地の経済に影を落とすことも分かってきた。
 「オーサグラフ」による世界地図を作った目的は、球面全体にまんべんなく展開されるようになった注目地域を、もれなく平等に一望できる視点を提供する事にある。
 この新しい世界地図(オーサグラフ)は、立体作品や映像作品等様々なバリエーションが揃っています。新しい世界基準として、小・中・高校はもちろん各ご家庭での有効活用で、世界との距離感が変わるのではないでしょうか。画像はポスター(841mmx594mm)
 お問い合わせは、日本科学未来館まで。http://www.miraikan.jst.go.jp/

開発者 鳴川 肇 / Hajime Narukawa
1971年生まれ。建築家・構造家。芝浦工業大学、東京芸術大学およびベルラーへ・インスティテュート・アムステルダムの修士課程を卒業。アーネム建築アカデミー講師、佐々木睦朗構造計画研究所を経て、2006年にNAL設立。2009年にAuthaGraph株式会社を設立。
by citystone | 2011-10-12 10:59 | internet
e0151340_1112891.jpg
 何ともタイムリーなドラマがオンエアーされました。NHK土曜ドラマ「神様の女房」は、松下幸之助の、立身出世を描いた大正時代から昭和にかけての歴史を辿ったテレビドラマである。原作は高橋誠太郎、脚本はジェームス三木、演出は黛りんたろう、出演者は、幸之助を筒井道隆、妻むめのを常磐貴子、むめのの実弟をEXILEの松本利夫、その他の助演者は著名な俳優・女優陣です。
 タイムリーと言ったのは、野田首相が、あの「松下政経塾」出身だということです。日本の国難を迎えてここを乗り越えるために、新たなリーダーとなった野田首相を支えることなら何でもしましょう。という識者の総意が伺えますね。とても良い事だと思います。テレビのワイドショーや、討論会を重ねるより、こういったドラマ仕立ての方が日本人の多くの方々の賛同がえられるのではないでしょうか。以下に脚本家と演出者の言葉を掲載します。

 脚本家のことば/ジェームス三木
ドラマは撮影現場や舞台で完成するものではない。見る人の想像力や、期待感や、個人的な興味を足して、それぞれの心の中で完成するのである。(中略)今回の作品では、ナレーションも、回想シーンも、心の声も排除して、本来のドラマへの回帰を試みた。七割だけ見せて、残りの三割は、視聴者の想像と解釈にゆだねたい。

 演出のことば/黛りんたろう
オーソンウェルズの映画「市民ケーン」の中に、次のようなセリフがある。この物語は、新聞王ケーンが「何をしたか」ではなく、ケーンとは「何者だったのか」を描くものである、と。今回のドラマも、「経営の神様」が何をしたか、ではなく、何者であったのか、を、その妻を通して描くものである。
by citystone | 2011-10-02 11:18 | internet
e0151340_15335248.jpg
 台風15号は、発生してから沖縄近海で迷走をくりかえしていたが、18日以降は北上して日本本土に向かっていました。しかし進行速度が遅いので、秋雨前線付近での大雨をもたらしていました。しかし大型であることは気象庁の予報から、NHKの天気予報などから各地の自治体では認識していたと思われます。
 しかし、四国沖あたりからの移動速度は急激に上がり、一気に本州縦断の大被害をもたらしました。台風被害になれていないとはいえ、首都圏あるいは大都市圏での交通機関の対応は、万全とは言えなかったのではないでしょうか。特に東京都の対応は、日常の流入人口に対しての当日の、あるいは前日に対策をしていたとは到底思えません。
 首都圏の交通機関がほとんど停止して、帰宅出来ない人々が、あの3.11の当日を思わせるような混乱をもたらしました。東京都は当日の夕方になってから、各交通機関に対して駅構内の安全保護と情報提供を指示しましたが、大部分の人々にとって9.21は無駄な労力を費やした一日であったようです。
by citystone | 2011-09-22 15:35 | internet
e0151340_9385991.jpg
 地球規模の経済・外交、そして最近の紛争の原因となっているイデオロギー問題を承けて、日本も従来のノラクラ施策では世界情勢に完全に立ち後れてしまうと、今度の内閣首脳部はやっと気がついたようです。かつての内閣が行っていた引きこもり施策では、日本の突出した技術力・開発力が機能していない事が、判ってきたようです。
 野田首相は、穏健なイメージと緻密な配慮に基づいた行動と判断力で、国難とも言える三つの大災害の復旧と復興に時間はかかりますが、必ず明るい今後をもたらしてくれるでしょう。一方で、やや勢いで発言をしてしまう傾向にある、政調会長の前原氏は、国際的な課題への取り組みを積極的に行い、日本のアピール姿勢を国際的に発信してもらいたいと思います。この発言に関しては、自民党の政調会長の石破氏も発言の意味は理解出来るとしていますので、野党側の一定の理解と米国政府内の協調も得られたように感じます。
 そして、「なでしこジャパン」のパフォーマンスは、日本人に心強い勇気と精神力を与えてくれました。まさに日本の政治に欠けていた姿勢をゲームの中で明確に示してくれました。日本の女性首相の登場も近しと思わせる時代になってくると期待します。
by citystone | 2011-09-10 09:40 | internet
 ウォールストリート・ジャーナルは9日までに、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長の福島第1原発事故への対応に不満を抱く「西側3カ国」が、原子力関係の国際会合から天野氏を外す動きに出ていると報じました。
 同紙によると、この3カ国の原子力担当の高官は、IAEAが福島原発事故について正確で速やかな分析ができなかったと批判。日本の外交官出身の天野氏はいまだに日本政府の影響下にあり、日本の危機対応などを「適切に批判しているのか疑問が出ている」としています。
e0151340_1849219.jpg
 ついに日本への不信感は、ここまで来たかという感じです。日本中の人々が求めている情報と、政府が公開する情報には、明らかな乖離があります。政府機関以外からの大量の情報やデータが大量に流出ないしは報道され、国民はその情報により正しい知識を持っています。ところが、政府機関からの発信情報はつかみ所のない遅れた内要です。
 こんな稚拙な報道を繰り返す日本政府は、当然のように諸外国から仲間外れにされる前述のような結果が続く事になるでしょう。一刻も早くきちんと対応の出来る政府と、正確な報道を国民に伝える官房長官が出て来て欲しいものです。
by citystone | 2011-06-11 18:51 | internet