カテゴリ:cooking( 10 )

e0151340_1626746.jpg
 昨年の11月から参加していた「介護予防塾」も、今日で9週目が終了しました。来週の回は体力測定なので、基本的には今日で終わりです。終わりとか言うと講師の方々から叱られてしまいますが、何はともあれ3ヶ月間の講座を休まずに続けて来たのは、講師の方々の熱心なご指導の賜物と感謝して居ります。
 そんな訳で、今回の写真はさまざま?な食材を使った料理の写真です。何せ高齢者の勝手な調理なので、見た目は何となく出来ていますが?食べて見た方が居ないので、お味の方は保証は出来ません。(画像を大きく出来ない理由)
 左上から「さつまいものおやつ」、「ツナ・トマト・枝豆のパスタ」、「ハンバーグ・カレー」、「シーフードサラダ」、「海苔・チーズトースト」、そして「五目炊き込みご飯と納豆+野菜ジュース」で合格かも?
by citystone | 2012-01-18 16:28 | cooking
e0151340_10262910.jpg
 もうすぐ正月ですね。そしてとんでもない現実をつきつけられた日本の2011年も、新たな年を迎えます。こうして自分が安穏とした時間を過しているのも、その時に自分が何処にいて何をしていたか、というほんのちょっとした差が、運命を分けてしまっているという結果に、改めて生かされていると感じ、現実を誠実に受け止め、しっかりと今後の人生の中で、出来れば色々な意味のパフォーマンスを継続して行かなければならないと思います。
 さて、パフォーマンスとまでは行きませんが、自炊の腕はそれなりに向上してきたのかもしれません。芋(さつまいも)は植物繊維の豊富な食材ですが、調理方法は焼く、煮る、蒸すなどが標準的で他の調理法を試していませんでした。今回は「きんとん」にチャレンジしてみました。芋を少し薄く切り、水にさらして灰汁を取り水から煮ています。芋が柔らかくなってきたら、塩と三温糖を加えてそこからは木ベラを使って弱火にしてこねて行きます。仕上げに市販の黒豆を加えて出来上がり。
by citystone | 2011-11-17 10:21 | cooking
e0151340_1193292.jpg
 ショウガ(生姜)の嫌いな人がいるかもしれませんが、わさびと並んでショウガは私の食事に欠かせない野菜であり調味料です。また横文字のジンジャーエールとかの飲料としても、利用度の高い食材としておなじみです。そんなショウガの新しい?利用方法として皮の使用方法を、以前のNHK「ためしてガッテン」の番組で皮の味の抽出がとりあげられましたが、それを覚えていてショウガを使った際に、皮を剥いてネットに入れて乾燥させています。
 そんなショウガの皮を使った料理を試す時期、つまり大根の美味しい季節がやってきました。中でも「ブリ大根」とか「おでん」が代表的な冬の寒い時期に体を芯から暖める調理法ですが、今回はショウガの味が引き立つ「厚揚げと大根の含煮」です。
 厚揚げを油通し、大根は1センチの輪切りでさらに四分の一、両方共に一口大が必須?です。大根を水から煮始めます。その際に茶袋に入れたショウガの皮も一緒に加えて、鍋が沸騰してきたら弱火にして厚揚げを入れます。落とし蓋をして15分くらいで完成です。(途中で煮汁が足らなくなったら薄めのダシを追加する。)
by citystone | 2011-10-25 11:10 | cooking
e0151340_2035280.jpg
 さて、このところ3回連続で食事をテーマにしたブログになっていますが、どうしてもこの回だけは欠かせないので?アップしてしまいました。今回のタイトルのレトルト食品ですが、私のような単身環境には、こういった加工食品を使うのが調理の大きな比重です。魚介類、野菜、精肉類、パン・パスタ類は、もちろん使いますが、毎回の食事には、ちょっと手を加えるだけで美味しくなるレトルト食品が最適です。
 手を加えるという大それた事を書きましたが、レトルト食品をそのまま使うという緊急事態にはないので、素材と調理を加えるだけで、たぶん味が変わるのではないでしょうか。今回はレトルトの代表的なカレーですが、タマネギをオリーブ油で炒めてからレトルト・カレーを加えると、タマネギのシャキシャキ感と甘みがプラスされて、餌から食事に変わりますよ。
by citystone | 2011-10-01 20:06 | cooking
e0151340_15475763.jpg
 な〜んのリクエストもありませんが、軽〜いボウルを使ったランチも作って食べてみました。パスタは細めのフェデリーニ1.4mmの80gで、ソースはツナ缶とししとうの細切りをオリーブ油で合えて見ました。トマトを乗せて完成です。好物の煮豆とフルーツジュースを添えてランチタイムを美味しく過ごしました。(ししとうは,へたを取ってタテに半割りし、中のタネをスプーンで取ります。さらにもう一度タテに切つてから軽く湯がきます。)
 軽〜いボウルは、ご飯にもパスタにも丁度手ごろなサイズであることが確認出来ましたので、いわゆるワンプレートと同じですが、小鉢やコップなどと合わせられるので、それなりに食事が楽しくなりました。
by citystone | 2011-09-29 15:49 | cooking
e0151340_1029461.jpg
 88年製の炊飯器をず〜っと使い続けていたいましたが、中釜は何ともありませんが。外観が?何ともレトロといえば聞こえがいいのですが、変色したりさび等も目立ってきまして、ついにマイコンの炊飯器を購入してしまいました。象印の3合炊きで価格もリーズナブル?な低価格でした。
 早速に炊飯したのは、炊き込みごはんでした。なぜなら釜やその他のにおいが、気になったからです。白米になんとなく匂いがついたら、美味しさも半減以下になるでしょう。そんなわけで、炊き込みご飯を最初に炊いてみました。もちろん炊き込みご飯の素を使いました。保温を少ししたら「おこげ」も出来たので、美味しい朝食になりました。
 ごはんの「うつわ」は、先日作陶した軽〜いボウルです。トッピングは「しらす」と「かにかま」を乗せて体裁を整えてあります。きうりの浅漬けとほうじ茶付きの老人食でした。
by citystone | 2011-09-28 10:31 | cooking
 最後のアイデアはそこにきましたか、菅政権の最後のあがきというか、誰か料理人のアイデアかもしれませんが、「だし」を使う事になったみたいですね。
e0151340_1035099.jpg
 「だし」は隠し味として使うのがプロの調理人ですよね。それを「あからさま」に使うざるを得ない状況に追い込まれたとはいえ、「子供手当法案」を「だし」にして政権の延命を計り、その策略が各政党も飲まざるを得ないような「日本の家庭事情」にしたのは、決してほめている訳ではありませんが、ある意味成功した政策の例と言えるでしょう。六月以降は、さてどうやって延命策をひねり出すのでしょうか?
 国民の経済事情から何か代わりの「だし」を見つけるのか、アイデアを持った調理人(民間人)が登場するのか「延命策」ではない政策が望まれます。
by citystone | 2011-03-10 10:06 | cooking
 出来たばかりの「茶碗蒸器」こと大振り湯呑みに、和風スィーツを作って見ました。
ヨーグルトベースに「ゆであずき」中心に、そしてバニラアイスを最後に乗せて完成です。器が大きめなので、スプーンもラクラクこれはけっこういけますね!
梅雨入りを控えて蒸し暑くなりますので、これからも食後に出番の多いスィーツになりそうです。ちなみに糖尿が気になる方にはお勧めができません。
e0151340_13483550.jpg

by citystone | 2010-06-13 13:49 | cooking
最近のニュースの焦点は、大西洋と地中海のクロマグロが輸出禁止の処置か?という見出しが連日目に飛び込んで来ています。年初からの米国のトヨタ車いびりから始まり、今度は消費量ダントツのマグロを日本人に食わせるなという。感じの悪い欧州諸国の肉食人種の味音痴め。日本にはマグロだけじゃなくて、もっとヘルシーで上手い目刺、タタミイワシ、みりん干しもある。マグロみたいな高級食材だけを狙って、日本の食文化をゆするという単純な欧米諸国の頭脳は、肉食人種の致命的な欠陥体質でしょうか?
しかし、オリーブオイルが輸出禁止になった方がもっと困るけど、その辺は内緒にしてチビチビつかいましょう。
e0151340_1652325.jpg

※クロマグロが輸出禁止の処置が、日本及び中国以下の新興国の反対で大差の否決となり、クロマグロが再び潤沢に日本の市場に出回る事になりました。しかし、今後は新興国の人々もマグロなどの海産物を食料事情の改善の為に大量に買い付けにまわる事も予測され、全ての食材を輸入に頼る日本は楽観を許されない状況が継続すると思われます。(2010年3月20日追記)
by citystone | 2010-03-16 16:06 | cooking
:最近のマスコミ情報:お酒をどこで飲むかを調べたところ、家飲み派が、居酒屋派をしのいでいるとか。こんな所にも不況の影響が出ているのかも、と思ったら、どうやらそうでも無いようです。本屋の店頭には、簡単クッキング風なレシピ本がずらりと並んでいます。老若を問わず単身家庭が増えているせいで、家庭での調理器具も(面白い調理器具が増えています)売れているようです。
そんな訳で、簡単クッキングらしき料理を作って見ました。名付けて「タラのカレー風味煮」です。フライパンがあれば直に出来ます。
e0151340_114545.jpg
<食材>
タラの切身2切、片栗粉、カレー粉適量、調味料(塩、調理酒少々、バター)
<作り方>
タラは皮をむき、一口大に切る(骨も抜いておく)。フライパンにバターを溶かし、タラを軽くソテーします。水解き片栗粉とかれー粉を合わせて1カップの煮汁を作る。煮汁を加え、タラを返しながら、3分位煮立てれば出来上がり。
※タラは身が柔らかなので、返す時に身くずれに気をつける。
e0151340_1115396.jpg

<所感>
どう見ても、老人食にしか見えませんが、家飲みの料理には簡単で素早く出来るのが、まあ良いかという点数です。(牡蠣、ホタテ等でも合うと思います。)
by citystone | 2009-10-08 11:06 | cooking