<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「笑い療法士」と呼ばれる人たちがいる。笑いによって病気の人の自己治癒力を高めたり、病気の予防を手助けするボランティアだ。 その認定者の発表会が今年2月20日東京都内で開かれ、7期生72人が新たに「笑い療法士」として認められ、05年10月に1期生49人が誕生して以来、これで総勢520人になりました。
e0151340_19481429.jpg
「笑い療法士」の手法。まず、自分自身が「1日5回笑い、1日5回感動する」よう努力する。相手に「安心・安全」「一緒にいると楽しい人」と感じてもらうことから始めて、人々の自然な笑いや生きる力を引き出す。時にはジョークやユーモアも交える。そのためには、個々の患者さんやタイミングに合わせて言葉や行動を選ぶ必要があり、広い知識と同時に話術も非常に重要になる。
「笑い療法士」は、医師、看護師、介護職員から一般市民、難病患者までの多数の応募者から研究会が書類選考する。その候補者を対象に、脳外科医で落語家の中島英雄氏、高柳代表世話人らによる2日間の講習があり、フォローアップ研修を通じて、笑いの本質や効果、話し方などを学んで、評価された人が初めて認定される。
日本の医療職は多忙だが、「笑い療法士」になると患者さんに親身になり、仕事への充実感を味わうことが多くなるという。
どなたか希望される方、あるいは推薦される方は「癒しの環境研究会」 (高柳和江代表世話人)まで。
http://www.jshe.gr.jp/
※猫の画像、YouTube「福笑い」より
by citystone | 2011-02-28 19:50 | 健康
 久しぶりに馬上杯(さかずき)を創ってみました。昨年の九月に断酒してから初めての制作です、作り方のハウツーを手先が覚えていたようなので、期間を措いた割には巧く出来ました。中面は黒天目がしっかりと乗って「濁り酒」などを味わうには最適なのではと思います。
e0151340_12413277.jpg
 本体は、赤土で釉薬は初めて黒天目を合わせて見ました。模様は撥水剤を筆で置いています。サイズは高さ10cm、口径6cm、です。
by citystone | 2011-02-26 12:42 | 陶芸
 ニュージーランド・クライストチャーチで21日午前9時ころに起きた、震度6.2の地震は、市内で建物の崩壊や地盤の亀裂、陥没が発生し多数の死者が出たもようです。
e0151340_943912.jpg
 写真は、市内の路面が液状化に依る路面の陥没に巻き込まれた車両と、乗客と思われる人たちの様子ですが、軽量な小型車は、路面を選んで避難を試みているようですね。日本でも、阪神・淡路地震では、神戸の二ユーポート地区でも地面の液状化現象が起きて問題になりました。このような現象は、かつては海沼地帯だった所を埋め立てたりした場所で発生しているようです。
 さしずめ、国内では首都圏、特に東京・大阪・横浜などの埋め立て地の多い都市部が危険だと思われますが、避難場所だけを指定しても、もしそこが埋め立て地であった場合は却って危険にさらされるのではないでしょうか?防災の考え方を、国外の事例から考え直す事を自治体に望みます。
 もっとも大事なのは、自分達が普段から居住している地区の過去を調べて、そこがかつて海岸、もしくは田んぼ、湖沼であったとしたら◑◐すぐに引っ越し出来る?と良いですね。
by citystone | 2011-02-23 09:50 | internet
 医療へのナノロボットの研究は、驚くほど進化をしています。最近の研究機関からの情報に依れば、すでに大学の研究室レベルから進化して、臨床医療レベルに到達も近いのではと思われます。もちろん、ナノテクノロジーと生物学のつながりは今でもネックとなっています。その二つを結びつけたナノバイオテクノロジーという分野ができてきたのもつい最近のことです。いずれにせよ、もはやナノテクノロジー及びナノサイエンスは、物理学者や化学者だけのものではなくて、非常に幅広い学問分野を包み込んだ分野なのですが、研究機関の融合した研鑽により早い実現を目指して欲しいものです。(医療ナノロボ・イメージ図)
e0151340_116179.jpg
 それに伴い、日本の医療の進化と信頼は海外でも評価は高く、日本での治療・施術の希望をする富裕層の外国人患者は、国内の医療機関にも思わぬ展開をもたらしているようです。(外務省では医療滞在ビザを2011年1月発行しています。)
 日本人の丁寧で誠実な対応は、国内外を問わず医療現場では、これからも変わらない対応を望みたいですね。また、やや停滞気味の新興国からの看護士研修に伴う、介護や医療スタッフの就業なども今後は海外からの患者さんへの対応などを考えると、諸々に改革されて行くものとなるでしょう。
by citystone | 2011-02-22 10:42 | 健康
 海は広いな、大きいな♪♪ ご存知の通りに日本は周りを全部海で囲まれている海洋大国です。東京海洋大学では、マグロより成長の早いサバにクロマグロを生ませる「代理親魚養殖」の研究開発が進んでいます。ヤマメにニジマスを生ませる研究から始まり、サバの体内にマグロの精子や卵の源となる細胞が根付くところまでこぎつけました。
e0151340_21422292.jpg
 クロマグロがサバの腹から生まれて、巨大なクロマグロに成長するという研究者の夢が、間もなく本当に実現するかもしれません。このように魚類の研究が進めば、クロマグロの畜養も盛んになり、クジラを食べなくても良い日本人として、オーストラリアの人にいじめられる事にならないし、南極まで出かけて行く経費をオージービーフ輸入に回せば、牛丼屋さんの値下げにも貢献する事になるかもしれませんね。
by citystone | 2011-02-19 21:44 | 自然界
 少し大きめの、朝飲むコーヒー専用のマグカップを創りました。少しどころか大部大きめのカップになってしまいましたが、この大きいカップで飲むコーヒーは、とても飲み応えが感じられて満足しています。釉薬は黄瀬戸、白い斑点模様は白土の象眼です。
e0151340_14205145.jpg
 ところで、コーヒー豆が高騰するらしいですね。しかし私はコーヒーは朝だけしか飲まないので、大した影響はないでしょう。もちろん豆のブランド等にもこだわりがありませんから、朝の習慣は崩れないと思っています。
 写真のモチーフに甘夏みかんを選んだのは、皮の表面がカップの表面と似ているので対比として並べてみました。もちろん甘夏は食べますよ。苦みの感じられる甘さが、昭和の味を思い出させてくれるからです。
by citystone | 2011-02-17 14:23 | 陶芸
 昭和36年に新入社員なってからから、2〜3年たった頃に札幌に出張を命じられた。当時は、上野駅から夜行列車で青森まで、そこから青函連絡船を乗り継いで函館に到着、さらに函館本線の蒸気機関車(C62)で札幌まで、札幌到着は夜になっていました。
e0151340_14231868.jpg
 青森までは、当時も電化されていたので電気機関車(EF58)でしたが、函館からはSL(C62)に引かれての各駅停車だったように記憶しています。最近になって当時の国鉄の様子を調べると、当時のキャリアが思い出されて、今となっては懐かしくもあり楽しい思い出です。

※かつては長万部(おしゃまんべ)駅 - 小樽駅 - 札幌駅間の函館本線(山線)にも多くの優等列車が往来し、昭和40年代まではC62形蒸気機関車の重連による牽引の急行列車など蒸気機関車が集結。ただ小樽駅までが単線な上、急勾配・急曲線が連続する速度向上に不利な線形を抱えていた。
対して、室蘭本線(海線)経由は若干遠回りであるがもともと線形も良く所要時分も短縮できるうえに、比較的沿線人口も増加した事もあり。特急列車の登場以来、徐々に函館駅 - 札幌駅間のメインルートとしての役割は室蘭本線(海線)へ移り、かくして1986年11月に特急列車が函館本線(山線)から全廃されました。
by citystone | 2011-02-12 11:47 | memory
e0151340_23225443.jpg
 毎年タイミングを外して撮れなかった「緑顎梅」を、今年はようやく撮れました。よ〜く観察しないと、白梅とあまり変わらないのですが?顎の部分が緑がかっています。三渓園によると、中国から送られたという事ですが、臥竜梅のように形態的な特徴がないので、花樹としての魅力は感じません。
 樹齢を重ねて幹が安定した樹体になれば、それなりの風格(樹格?)になると思いますが、それには十数年以上かかるかも知れません。
 緑顎梅だけだと淋しいので、大池のキンクロハジロと鯉にもサポートしてもらいました。
by citystone | 2011-02-07 23:24 | flower
 今年の冬は、国内の災害が大変である。もちろん国外の政変とか、ヨーロッパや米国の大寒波、そしてオーストラリアの大水害も大変ですが、ここは、国内の手をつけなければいけない災害について、取り上げたいと思います。
e0151340_11272635.jpg
 昨年から、表日本は晴天続きで乾燥が原因と考えられるインフルエンザの大流行があり、裏日本は豪雪が続いて地域の方々に死者が多数出ています。どちらも対応に追われていますが、行政の対応は今ひとつ傍観的ですね。
 さらに宮崎県と鹿児島県の県境にある、新燃岳の噴火が続き、宮崎県側は降灰に見舞われて、地域の存続に重大な転機を迎えてしまいました。
 振り返ると、昨年の宮崎県は家畜の口蹄疫により、壊滅してしまった畜産業と食肉産業を立て直す間もなく災害が襲って来たのです。宮崎県の元知事・東国原氏は離職して、都知事選に立候補を表明していますが、今となっては、先が読めていたのか結果論なのか、聴くよしもありません。
 また、豪雪もインフルエンザも時期が過ぎれば収まります。ところが噴火だけは、収束を山に自然に聴く訳にも行きません。自衛隊を派遣しても撃退は出来ません。二昔くらい以前ですが、伊豆大島が噴火して、島民が港区などに全島民避難をして来たのを覚えています。
 宮崎県を考えたときに、経済、産業を含めると何処に移動して良いものか、とても重大な問題だと気がつきます。日本全体で考えなければならない事態だと思いますが、国会では予算案とか、小沢さん問題とかがもめているだけで、この国家的な危機災害が、宮崎県という地域に任されているように見えるのはのは如何なのでしょうか。
※写真は衛星からの新燃岳の噴煙の様子。
by citystone | 2011-02-06 11:33 | 自然界
 いきなり春がやってきました、節分の昨日に続いて、立春の今日も朝から暖かな春の日差しが、横浜「三渓園」にもいっぱいです。
e0151340_21472861.jpg

 春の象徴となる梅もほころび始めました、大池の「キンクロハジロ」の群れも元気に餌をねだっています。「緑顎梅」や「臥龍梅」はもう少し日にちが掛かりそうですが、今年は例年より早めの開花になりそうです。写真の「菜の花」は、園の南口の目前に派手に咲いていました。
by citystone | 2011-02-04 21:29 | 自然界